サッカーは何人でやるの?

サッカーは11人て行うスポーツだと思われていますが、ほんとうにそうなのでしょうか。また、選手は何人まで交代できるのでしょうか。

サッカーチームのことを、「イレブン」ということがあります。イレブンというのは、英語で11のこと。つまり、サッカーは1チーム11人で戦うスポーツなので、このように呼ばれるのです。

しかし、11人そろわなくても試合はできます。ルールでは、7人以上との選手がいれば試合ができることになっています。ただし、相手チームがちやんと11人そろっていれば、7人対11人で戦わなければなりません。

選手の交代は、公式には3人までですが、大会ごとに人数が決められている場合もあります。いずれにしろ、一度、交代して退場すると、再びその試合には出られません。

この中で一番大切なポジションはゴールキーパーです。ゴールキーパーは、敵のシュー卜からゴールを守る、大切な役目の選手です。ゴールキーパーは手を使うことができますが、フィールドのどこでも手を使えるわけではありません。

サッカーは、コールキーパー1人とフォールドプレーヤー(ゴールキーパー以外の選手)でチームを作ります。どのような試合でも、かならずゴールキーパーがいなければなりません。

ゴールキーパーは、自分の陣地のペナルティエリアの中では、ポールを手でさわれる特別な選手です。しかし、手を使わなければ、ペナルティエリアの外へ出て、プレーしてもかまいません。ぺナルティエリアの外へ飛びだしてボールをけったり、ドリブノレをすることもあります。ゴールキーパーは、とても大切なポジシヨンなので、ルールをよく知っている選手でなければできません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です