サッカーボールとユニフォーム

サッ力ーはボールがなければできません。しかし、ボールならなんてもよいわけではありません。では、どのようなボールを選べばいいのでしようか。

サッカーボールは、大きさによって4号ボールと5号ボールに分かれています。少年サッカーでは4号ボールを使い、5号ボールは中学生になってから使います。5号ボールは外周68〜70センチ、重さ410〜450グラム、4号ボールは外周62〜65センチ、重さ300〜395グラムの大きさです。

サッカーボールにはいろいろなデザインがあり、また、材料も天然の皮と人工の皮、作り方も、ぬい合わせたものと張ったものがあります。また、空気か入りすぎていたり、抜けていてはいけません。ルールでは、「海面の高さにおいて0.6気圧〜1.1気圧でなければならない」と決められています。これはボールを強く押してみて、やや表面がへこむぐらいの硬さです。正しい硬さをおぼえて、いつも注意しておきましょう。

試合の時はユニフォームが必要です。赤、青、黄色といった、色とりどりのカッコイイユニフォームを着て頑張りましょう。

サッカーユニフォームは、スポーツ店で「サッカー用」として売っているものなら問題ありません。「サッカー用」以外のものを使う場合は、金具やボタン、ファスナーなど、危険なものがついていないユニフォームでなければなりません。

色は、審判や相手チームとバッチリ区別できるもの。審判は基本的に黒いシャツを着るので、ユニフォームは黒以外の色を選びましょう。

また、相手チームと同じ色にならないためにも、色の違う2枚を用意するのが普通です。背番号は大きく見えやすいように。安全ピンなどで留めるのは許されません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です